創設15年の自立支援サポートNPO法人

NPO法人 ニューライフ

神奈川県相模原市中央区上溝43 山紀ビル5階

受付時間:9:00〜18:00日曜日・祝日を除く)

日々の生活にお困りの方々へ。速やかに『食』と『住』(保証人不要)を提供し、日常生活の自立・経済的自立をサポートします。

お気軽にお問合せください     

0120-690-870

生活困窮者の自立を目指す

理事長 豊田徹男

昨今は、高齢化社会の進行・ホームレス問題などの注目度でも明らかなように、福祉の重要性がクローズ・アップされてきております。神奈川県も、すべての県民が安心して快適に生活でき、自由に外出することができるやさしい街づくりを目指した「福祉の街づくり条例」を設けており、福祉の向上に力を入れています。

 私ども、NPO法人ニューライフは、少しでもその一端を担うことができればという理念から、地域社会における社会福祉の増進に寄与することを目的に設立されました。現在は、事情により住居を失った方々に衣食住を提供し、一日も早い社会復帰・自立に向けてのサポートをさせていただくことを主として活動しております。

生活保護を受けている方が216万人を超え、終戦直後の混乱期1951年の204万6千人を大きく超えてしまいました。生活保護負担金は3.8兆円に達したと報道されています。バブル崩壊、2008年のリーマンショックで端を発した政治、経済の閉塞状況は改善の兆しが見えぬまま3.11東日本大震災の発生、原発処理問題と日本経済は困難な方向へ向かっています。このような状況に加えて団塊の世代が大量退職し、65歳以上の人口急増と歩調を合わせて高齢者の生活保護はこの10年で1.6倍へ膨れ上がりました。出口の見えない世界同時不況と言われて久しい昨今、職を失い、家も家族も失う広い意味のホームレス状態にならざるを得ない方々がこの経済状況、重ねて高齢化社会にあって増加の一途となっています。今の時代自分がこのような憂き目に絶対あわないという保証はありません。NPOニューライフは間もなく設立15年を迎えようとしています。この間の利用者は延べ3,000人を超えました。現在籍者が670人ですので就職自立されたりあるいは居宅設定により新たな一歩を踏み出した方が多くいることになります。生活保護受給者が増加することは決して喜ばしいことではありません。私たちの使命は一人でも多く社会復帰して頂き受給者を減らすことであります。私どもニューライフは運営面においても、弁護士、税理士その他各界有識者等各分野の専門家の指導、助言を受けながら、利用者の方々が一日も早く自立して社会の一員となって復帰できるよう職員一同努力しております。

 

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0120-690-870

受付時間:9:00〜18:00(日曜日・祝日を除く)

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

0120-690-870

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

豊田 徹男

神奈川県を中心に住まいにお困りの方を支援しています。お気軽にご相談ください。